いきなり台湾一周旅行③

みなさんこんにちは。

woloveせかいのヨシです。

現在まだ無職のわたしは実家で食っちゃ寝食っちゃ寝と優雅な毎日を過ごしております。

健康診断に行ったら尿酸値が高く、このままでは痛風の恐れありとのこと。

これからはラーメンを控えてジムにでも通おうと考えております。

それでは今回も台湾ワーホリ中のいきなり一周旅行の続きを書きたいと思います。

軽いノリで始まった私達の日帰り日月潭旅行は現地に着いてから急遽泊まりになり、3人で1000元のいい宿を見つけたので、荷物を置いて夕食がてら軽く飲める場所を探していました。

街を過ぎ、少し住宅街の方へ入って行くと、あたかも原住民が住むような伝統的な集合住宅のような建物が出てきました。

s_P1000118

 

そして、私は風情があっていいな~なんて感じながら歩いていたら突然K君が言いました!

「多分原住民の家なので、原住民かどうか聞いてみましょう!」

私は本気なのかとびっくりしました。

なぜなら突然ピンポンしてあなたは原住民ですかって聞くのなんて、常識から考えて失礼だと思ったからです。

しかしK君はやる気満々。

そしてピンポンするとあたかも原住民らしい40代半ばくらいの男の人が出てきました。

するとK君は言いました。

「あなたは原住民ですか?私たちは日本から来ました。私たちは大学で台湾の原住民について研究をしています。よかったら原住民の歴史や文化について教えて下さい。」

さすがすごい切り出し方です。

すると男の人は答えました。

「はい。私たちは台湾原住民のサオ族です。わざわざ遠くから来てくれてありがとうございます。
これから夕食なので一緒にどうですか?その後、私たちの歴史や文化についてお話しします。」

私はまたびっくりです。

なんていい人なんだ。

突然知らない外人がやってきただけなのに話だけならともかく夕食までご馳走してくれるとは!

そして私たちはせっかくなのでご好意に甘え、夕食をいただき日月潭付近に住むサオ族の歴史や文化などを教えて頂きました。

そして話が終わると、今度は親戚が居酒屋をやってるから飲みに行こうとのことです。

まさかこんな展開になるとは夢にも思いませんでしたが、よく考えたらこの旅行自体が普通ではなく、せっかくの機会なのでやはり連れて行ってもらうことにしました。

そのお店は日月潭の湖のすぐ近くにあり、原住民の料理を出すお店でした。

営業はもう終わりとのことでしたが、その店のオーナーと従業員も加わりみんなで飲むことになり酒盛り開始です。

そしてここでさらにびっくりした事があります。

それは原住民の酒の強さです。

半端ではありません。

とにかく飲む時は全部一気。

小さいグラスでビールや強い果実酒などみんなで乾杯しながら飲むのですが、そのペースは半端ではありません。

間違っても原住民と酒の勝負をしてはいけません!笑

酒に自信のあった私ですがあっという間に酔っ払い、もちろんK君もM姉さんも泥酔していました。

s_P1000123.jpg

 

そして私は楽しくてふと頭によぎった事を言いました。

「せっかくだからこのまま台湾一周してみる?」

するとK君とM姉さんはこう言いました。

「もちろんです!行っちゃいましょう!」

酔った勢いもあったと思いますがやはりこの最高のノリ!

こうしてただの日帰り旅行から泊まりになり、さらには台湾一周旅行決定となったのです。

こんなふざけた旅行は多分人生で一度きりでしょう!笑

こんな事が出来ちゃうのもワーホリの醍醐味です。

そしてみんなで朝まで飲み続け、次の日からまた新たな旅が始まるのでした。

では今回はこの辺で失礼します。

また次回もよろしくお願いします。

ヨシでした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close